坊っちゃん劇場で行われた字幕付き公演。舞台脇のスクリーンに俳優のセリフが表示される=愛媛県東温市(前川康二撮影)

聴覚障害者にも観劇を楽しんでもらおうと、愛媛県東温市のミュージカル専用劇場「Great Sign坊っちゃん劇場」が字幕付き公演を始めた。舞台脇に大型スクリーンを設置、役者の動きや歌に合わせてセリフや歌詞が表示される仕組み。導入後初の公演に招かれた県立松山聾学校の生徒らは「ストーリーがよく分かった」と舞台芸術を楽しんだ。こうした障害者向け「観劇サポート」の取り組みは全国的にも徐々に広がっており、障害者支援団体も「環境は少しずつ整ってきており、喜ばしい」としている。

巨大スクリーンに表示

「僕はみんなと必ず甲子園に行く!」

4月25日、坊っちゃん劇場で上演されたミュージカル「KANO~1931甲子園まで2000キロ~」の1シーン。舞台上の俳優が大きな身ぶりとともにセリフを発すると、ほぼ同時に日本語字幕が巨大スクリーンに表示された。字幕はミュージカルの特徴ともいえる俳優が歌う劇中歌の歌詞やナレーションも表示され、観客は舞台と字幕を交互に見ながら観劇を楽しんだ。

同校高等部2年の芝野聡汰さん(16)は「以前見た舞台は字幕がなかったけれど、今日はストーリーがよく分かり、想像の10倍以上すごかった」と興奮気味に話した。

ミュージカル「KANO~1931甲子園まで2000キロ~」を字幕付きでみる観客ら=愛媛県東温市(前川康二撮影)

同劇場は昨年8月、台湾からの団体客受け入れに合わせて機器を導入、事前予約制で外国語の字幕表示を開始した。今回の聴覚障害者向けについては、県内の障害者支援団体から助言を得て、音声や音楽、背景の環境音なども文字で表示するようにした。オペレーターが舞台の進行に合わせてその都度、表示を更新していくことで、役者の演技とのズレを防いでいるという。

劇場の越智陽一代表理事は「ゆくゆくは定期的に字幕表示の日を設けるなど、障害のある方も気兼ねなく観劇を楽しめるバリアフリーな劇場にしていきたい」と話す。

全国で導入広がる

字幕表示など聴覚障害者向けの観劇サポートは近年、さまざまな劇場で導入が進んでいる。

聴覚障害者対応の舞台情報を発信するNPO法人「シアター・アクセシビリティ・ネットワーク」(TA―net)によると、運営サイトに掲載の字幕・手話通訳対応の演劇は令和5年で127件。平成30年の74件から5年間で1・7倍に増加した。

オリジナル作品を通年公演するミュージカル専用劇場「Great Sign坊っちゃん劇場」=愛媛県東温市(前川康二撮影)

ほかにも、新国立劇場では30年から障害者向け観劇サポート公演を定期的に実施しており、当日はセリフなどを閲覧できるタブレット端末を貸し出す。宝塚歌劇を運営する阪急電鉄も、一部公演でタブレット端末の貸し出しを行っている。

こうした広がりの背景には30年の「障害者による文化芸術活動の推進に関する法律」の施行がある。

同法では、障害者の個性と能力の発揮および社会参加などを目的に、文化芸術を鑑賞、参加、創造できるよう障害者の文化芸術活動を幅広く推進すると定められている。これを受け、文化庁は民間の先進的な取り組みを支援する補助制度を実施、厚生労働省は各地域に障害者芸術文化活動支援センターの設置を進めている。

安心して劇場へ

自身も聴覚障害を持つTA―netの廣川麻子理事長は、障害者の観劇環境について「字幕や手話といった障害者への『観劇サポート』という概念がなかった10年前と比べると、少しずつ環境は整ってきている」と評価する。

実際にTA―netには各劇場から字幕や手話などの観劇サポートの導入の進め方や観客対応の研修依頼なども増加しており、「サポートの存在で観劇をあきらめていた人が劇場に足を運ぶようになって、劇場側に字幕などを要望するようになってきたのではないか」と分析する。

その上で「公的補助も大切だが、例えば耳の遠い高齢者も字幕があれば安心して劇場に通える。そのように、業界全体が観劇サポートを増やすことで顧客の掘り起こしにつながるという発想になっていけばいい」と期待を込めた。(前川康二)


www.youtube.com

 

イントロダクション

1931年 夏の甲子園勝戦に挑んだ台湾チームがあった
率いたのは、松山市出身の名将 近藤兵太郎
坊っちゃん劇場初の野球ミュージカル
日台野球交流100周年記念ミュージカル
「KANO ~1931 甲子園まで2000キロ~」

あらすじ

1930年、かつて松山商業を6度の甲子園出場に導いた名将・近藤兵太郎は、
日本統治下の台湾で嘉義農林学校の野球部監督に就任する。
嘉農野球部は、漢人、原住民族、日本人の三民族混成チーム。
それぞれ家庭の事情や青春の悩みを抱えながら、「みんなで甲子園に行こう」を合言葉に猛練習に励む。
当初は監督就任を快く思っていなかった近藤の妻や娘も、
熱血指導する兵太郎、民族の垣根を越えて友情をはぐくみ、
只ひたすらに甲子園出場を夢見て頑張る選手達と接するうちに嘉農野球部の応援団となって行く。
一方、選手の親たちは、「球遊びより野良仕事を手伝え」と練習を妨害し、選手らの足かせとなる。
やがて始まった全島大会、嘉農は次々と台北の強豪校を破り、遂に甲子園への切符を手にする。
甲子園初出場の無名校は本大会でも快進撃、なんと台湾代表校が甲子園大会の決勝戦まで勝ち進んでしまった。
1931年、夏の甲子園大会決勝戦―――。
最後の決戦を前に、兵太郎は選手たちにずっと言えずにいた意外な真実を告げる。
果たして、兵太郎が嘉農野球部の監督を引き受けた本当の理由とは?
部活動に批判的だった親たちが取った意外な行動とは?
恋と青春の全てを賭けた決勝戦の行方は?
運命のプレイボールが今、聞こえる!

第3期キャスト

ラジオ実況中継アナウンサー 田中和彦(特別出演)


スタッフ

脚本:羽原 大介
演出:錦織 一清
音楽監督・作詞・作曲:岸田 敏志
振付・ステージング:神在 ひろみ
装置:土屋 茂昭
照明:高山 晴彦
衣裳:とわづくり
衣裳プラン:桃木 春香
ヘアメイクプラン:馮 啓孝
ヘアメイク:小宮 英子

小道具:岩辺 健二
音響効果:勝間田 雅幸
脚本協力:入江 おろぱ
編曲:稲田 しんたろう
ギター:荒木 博司
歌唱指導 : 西野 誠
日本舞踊指導: 泉 鮎子
三味線指導 : 堀尾 泰磨
振付助手 : 佐藤 朱莉
プラカード文字揮毫 : 藤岡 抱玉
演出補 : 大杉 良
舞台監督: 辻内 達也

墨絵・題字:茂本 ヒデキチ


公演時間

1幕:60分 / 休憩:10分 / 2幕:50分